Lenovo T550i RTX3070モデルレビュー(2/2 ベンチマーク&マイニング性能編)

こんにちは。東雲倫也です。 前回の記事では開封とパーツ紹介、および自作PCとの価格差について紹介しました。 この記事では各種ベンチマークを行い、このPCの性能について焦点を当てていきたいと思います。 実行する性能チェックは以下の通りです。 【起動時間】PCの起動時間【CINEBENCH】CPUのレンダリング性能(定番)【CPU負荷テスト】CPUの冷却性能【blender】CPUやGPUのレンダリング性能【FF15ベンチマーク】GPUのゲーム性能【PC Mark】PCの全体的な性能【3D Mark】CPUやGPUのゲーム性能【DaVinci Resolve】動画編集性能【CrystalDiskMark】ドライブの読み書き速度 それでは1つずつ見ていきます! 【起動時間】 まずは起動時間です。パソコンの性能を一番身近に感じられる項目ではないでしょうか。しかし、パソコンは起動時間が速いほど高性能とは限りません。高級パーツを搭載すれば搭載するほど起動時間は長くなっていきます。そのため、「起動時間が速い=高性能」とはならないことに注意してください。それでは結果です。 ◆計測結果1回目 13.1秒2回目 13.5秒3回目 13.4秒 平均 13.3秒 十分早い結果ではないでしょうか。実用上は何ら問題はないと思います。 【CINEBENCH】 CINEBENCHはCPUの計算能力の指標として得用いられるベンチマークソフトです。まずはやや古いバージョンのR15の結果から見ていきます。 結果はMulti 1919 cbSingle 196 cbでした。 次に最新バージョンのR23です。 結果はMulti 11805 ptsSingle 1218 ptsでした。 用途にもよりますが、十分なスコアではないでしょうか。 CPUのクロック数の最大値はMulti Core : 4.59 GHzSingle Core: 4.69 GHzでした。 【CPU負荷テスト】 CPU-ZのCPU負荷機能をもちいてCPU使用率を100%にし、その時のCPUの動作クロックと温度変化を見ていきます。各数値はCore Tempを用いてcsv負荷いるとして書き出し、グラフ化しました。 まずはCPUクロック数です。約1200秒間負荷をかけてもクロック数の低下が見られず、サーマルスロットリングが働くことはありませんでした。 次に同時に計測したCPU温度を見ていきます。温度は各コアのコア温度を計測し、その平均値を用いてグラフ化しました。 十分時間が経過した後、温度が徐々に上がり続けるような傾向は見られずグラフが平らになっていることから冷却性能に問題がないことがわかります。 もし仮にCPUを冷やしきれない場合、徐々に温度が上がっていき、サーマルスロットリングが働くことでCPUのクロック数が落ちるはずですが、そのような現象は確認できませんでした。K付きモデルではないので発熱はやはり穏やかですね。 負荷を切った後も速やかに温度が下がっており、空冷とはいえ性能は十分なようです。コア温度の最大値は78℃(室温27℃)でした。 【blender】 blender用の公式ベンチマークです。CPUやGPUのレンダリング性能を測ることができます。 まずはCPUでのレンダリングベンチマークの結果です。バージョンは2.92で行いました。 結果は以下の通りです。 bmw27: 3分15秒classroom: 9分19秒fishy_cat: 4分34秒koro: 7分59秒pavillon_barcelona: 9分36秒victor: 16分42秒 … Continue reading Lenovo T550i RTX3070モデルレビュー(2/2 ベンチマーク&マイニング性能編)